top 会社概要

壁紙のお手入れと補修
  • 壁紙表面についたホコリやゴミは、はたきをかけたり掃除機で吸い取ってください。
  • 水性の汚れの場合は、真水に浸した布を固く絞って、汚れを吸い取るように拭いてください。
    落ちにくい時は家庭用中性洗剤を水で薄めたもので拭き取り、必ず真水で壁紙表面に残った洗剤を拭き取ってください。洗剤が残ったままだと変色の原因になります。最後に乾いた布で壁紙表面に水気が残らないよう拭き取ってください。ジョイント部分に水や汚れが入ると剥がれたり、汚れが取れなくなるので注意してください。
  • 表面に凹凸がある場合は、歯ブラシなどを使用すると効果的ですが、表面をきつく擦りますと壁紙を傷めてしまいますので、目立たないところで試し、やさしく擦るよう心がけてください。
  • タバコのヤニは、アルカリ性洗剤で拭き取ってください。

【ご注意】
  • 清掃の際にシンナーや薬液(壁紙専用以外のもの)、溶剤等を使用するのは止めてください。
    壁紙を損傷させる恐れがあります。
  • 貼り合わせ部分に水や清掃残しがあると、剥がれや変色の原因となりますのでご注意ください。
  • ご使用になる時は、洗剤の注意事項を良く読んだ上で作業を行ってください。

  • 光触媒壁紙は光の力で汚れや細菌を分解する機能を発揮する壁紙ですので、効果を損なわないよう、壁紙表面のホコリやゴミをはたきなどで取り除いてください。
  • 結露や乾燥などが原因し部分的に剥がれが生じる場合があります。そのまま剥がれた部分を放置しておくと剥がれ部分が拡大し、貼り直しが必要になる可能性がありますので、早めの対処が必要です。
  • 剥がれた部分をめくり、下地の汚れはきれいに取り除きます。下地に凹凸や凹み、キズ、下地材の剥がれがある場合は、サンドペーパーやパテなどで補正後、壁紙裏面に市販の木工用ボンド、文具糊、または壁紙施工専用糊を塗布し貼ってください。はみ出した糊は変色の原因になるので 真水にひたした布を固く絞って、きれいに拭き取ってください。
    ※補修後はしばらく換気及び通気を心掛け、室内に空気が滞留しないよう心がけてください。

  • 施工工事終了直後は、さまざまな臭気を残しておりますので、ご入居の際は、なるべくこまめに窓を開け換気及び通気をするように心掛けてください。
  • 新築及びリフォーム以外の日常生活においても、環境臭や結露、カビ、シミといった、さまざまな問題を引き起こす可能性がありますので室内の使用頻度に関係なく、なるべく積極的に換気や除湿を行うよう心掛けてください。
  • ※カビの発生は単に仕上げ面を見苦しくするばかりでなく、アレルギーや喘息など健康を害する原因となります。カビは壁紙単体だけで発生する原因は少なく、建物の構造や生活環境に大きく影響を受ける事が多いので、なるべく早くご担当の工事店、又は専門家へ対応を依頼してください。
  • ストーブ等の暖房器具の熱が直接壁紙に当たらないようにしてください。また、キッチンのレンジやダウンライトのすぐ近くなど、高温になる場所のご使用は避けてください。熱による壁紙の変形変色、剥がれの原因となることがありますのでご注意ください。
  • 壁紙は直射日光が当たると、紫外線により色褪せがしやすくなります。なるべく窓にはカーテンやブラインドを活用し、直射日光を避けるように心掛けてください。
  • 粘着テープ(セロハンテープやガムテープ等)を壁紙に付着させない様にして下さ い。
    テープの粘着材による変色や汚れの原因、破損の原因となる場合があります。

  • 入居時及びリフォーム時に家具等の設置をする場合は、壁紙と家具を直接接触しないように心掛けてください。家具の塗料に含まれる色素や、木材の色素、コーティング剤が壁紙に移行し、変色やカビの原因となります。設置時には、壁紙と家具との隙間を作るよう心掛けてください。それによりカビの原因である結露や湿気の防止にもつながります。

  • 家具や日常品等の使用/移動の際には保護シート及び養生シートを使用して下さい。壁紙にキズをつける可能性があります。壁紙の補正において、一部分のみをやり直す事が困難であり、費用が嵩みます。取扱には十分注意してください。


Copyright © 2006-2010 TOKIWA Group. All rights reserved.